マルてんBlog

MARS MARKET店長ブログ。A.S.H.モーターオイルの解説や趣味・日常のことを徒然なるままに...。

アッシュ10W-60 (?o?)

591af120.jpg変なタイトルをつけてしまいましたが、アッシュに10W-60の新製品が発売されたわけでも、発売されるわけでもありません。

最近、10W-60の粘度グレードを純正オイル指定されているドイツ車やイタ車(ボディにキャラが描かれているクルマではなくて.....;;)のオーナーさんから、「A.S.H.に10W-60はないのはどうして?」、「高性能エンジンなのに、高品質だと言われているアッシュオイルが入れられない」、「FSE 10W-60を作ってくれ」などのご質問や、ご要望をいただくことが多くなっております。

このようなお問い合わせを頂いた方には、「10W-50をご使用ください」ということと、各々以下の様な説明を回答をさせていただいておりますが、潜在的には同様の疑問や要望を持っている方がいらっしゃると思いますので、ここでも説明したいと思います。

まず、何故アッシュに10W-60が無いのかと言いますと、これだけの粘度幅のあるオイルは”ノーポリマーでは作ることが出来ないから”なのです。

以前にも説明させて頂いておりますが、その昔、オイルのグレードは40番、50番などのシングルグレード(●W-というウインターグレードがない)で、季節や外気温によってグレードを変えていました。
そこから一年を通じて同じ粘度で使用できる5W-30や10W-50など、いわゆるワイドレンジオイルが出来るようになったのは、高分子ポリマー(増粘剤)によるものなのです。

しかし、この水飴のような高分子ポリマー(以下、ポリマー)は、オイル試験機での見かけの粘度を出すことは出来ますが、実際のエンジンへの使用を考えると、悪影響の方が大きいと言えます。
一度、高い負荷と高熱に晒されてしまうと、ポリマー分子の継ぎ手が破壊され、二度と分子同士が手をつながなくなるばかりか、その分裂したポリマーは、オイルという液体の中で”スラッジ”というゴミになってしまうのです。
これを具体的に説明すると、製造された当初は60番のオイルでも、使用を始めて高熱・高負荷が繰り返されていくうちに50番、40番....と粘度が降下し、オイル自体も汚れていくことになります。
一概に距離で断定するのは難しいのですが、それなりの走りをした場合には、3000kmで60番の粘度を確保していることは難しいと考えられます。

その点で、アッシュは独自の技術でポリマーを一切使用しないでオイルを作っています(実は、一般カタログモデルではなく、整備工場などへの供給用にはポリマーを使用するアッシュオイルも存在していますが...)。
このノーポリマーオイルの原点は、往年のポルシェ、ジャガー、ベンツ、マツダ、トヨタ、日産などが積極的に参戦していた頃のル・マン24時間レースをはじめとする耐久レースから生まれたもので、油膜の強さと、それを長時間にわたって維持する能力を兼ね備えているのです。....というとカッコいい感じもしますが、実は、現アッシュの開発者である社長が、24時間で約5000kmも走る耐久レースに向けて、「無交換で走れるオイル」を作るために試行錯誤していた時、とあるワークスチームのオイル容器をピット裏のゴミ箱から拾って、残っていた中身を分析。その一般市販されていない特殊なオイルから多大なヒントをもらったもの....ギアオイルについても機会とチームは違うが、同様の手口.....(笑)だったりするのですが。その頃、私も同じ会社におりましたので、それをよく知っています。

そこから更に10数年が経ち、ノーポリマーで油膜性能の落ちないアッシュオイルの開発は、フルエステルを経てさらに熟成してきていますが、未だにポリマー無しの10W-60というワイドレンジを市販することは出来ていないのです。

アッシュは、高い品質を長期にわたって維持することを目的に開発しています。つまりアッシュの10W-50で安定した油膜の強さを維持していれば、10W-60の粘度が無くても、十分な潤滑性と、機関の内の保護を高いレベルで維持することが出来るのです。

確かに10W-60が純正指定オイルになっていれば、そこから他の粘度グレードに変えるのは勇気がいることでしょう。
しかし、実際にエンジンの中で表示番手からどんどん粘度降下していくことが考えられるオイルと、安定した性能を維持し続けるオイルとを考えると、純正指定の番手にこだわらずに選択してもよいと考え、お問い合わせの方々には、このようにご回答させていただいているのです。

オイルに限らず、何を選択されるかはそれぞれのオーナーさんの自由ですし、「指定番手以外は入れない」といったことも一つの考え方だと思います。
私は、お客様のこだわりや理論を論破をしてまで、アッシュオイルの使用を勧める意図はありませんので、誤解の無きようお願いしたいと思います。

アッシュオイル:ASHオイルのWeb通信販売 >>
http://www.mars-plan.com/index.html

ATインターナショナル報告

30a2ef20.JPG昨年の幕張メッセに続き、今年は場所をパシフィコ横浜に変えて行われたカーエレクトロニクスの技術展「ATインターナショナル」に行ってきました。
昨年は、現在のカーエレクトロ二クス技術に驚き、今後のクルマについては趣味性が薄れてしまうのでは?という心配の連続でした。

今回も電気自動車、EV充電インフラの進化が多くアピールされていたのと、計測技術やそれを統合した分析ソフトなど、電気素人にはついて行けない部分があったものの、色々なプレゼンをよく聞いていると、いかに人間の感性に適合したところに技術を落とし込むか....ということが語られている、ということに気が付きました。

また、各講演・セミナーなどでも、技術者の方は皆、話がとても上手で、感心することばかり.....。
プレゼン上、数式が出てきたりすることが多々ありますが、それを一般に分かりやすく「数式を文章として」説明してくれるのは、プレゼンターとしての頭の良さを感じました。

つまり、それこそ数式を「人間の感性」である言葉にして伝えるわけですから、これら技術者の方々がエレクトロニクスで実践しようとしていることと同じことなのですね。

どんな時代になっても、技術者さん達が感性を大事にしてくれる以上、走ることへの喜びはずっと続いて行くのだろうと思いったと同時に、昨年感じた心配は杞憂だと気付きました。

場内撮影禁止だったので残念ですが、油圧や鋼製ワイヤ,シャフトなどの機構を用いず、電気的にステアリング操作を行う「ステア・バイ・ワイヤー」を体感できる大学のブースや、離れたものへ電力供給可能な非接触給電システムなども展示されていて、なかなか興味深いものでした。

また、トヨタとホンダのハイブリッド車開発担当者さんの話で、電気自動車のバッテリーはまだまだエネルギー密度が足りないので、今後は、まだまだハイブリッド車の時代が続くだろう...ということも分かりました。

今後とも日本のエレクトロ二クス技術が世界をリードして行くことに期待大ですね。

アッシュオイル:ASHオイルのWeb通信販売 >>
http://www.mars-plan.com/index.html

ブレーキフルードの選び方<リピート版>

b7d9be67.jpgこのところ、いよいよ暑くなってきたせいか、ブレーキフルードに対するご質問をいただいております。
以前(昨年5月)に、一度解説をさせて頂いたのですが、表組のリンクが壊れてしまっていて、読むことが出来ないとのご指摘を受けました。申し訳ありませんでした。
内容をほぼそのまま、再度ここにアップさせていただきます。
以前に読んで頂いた方も、もう一度復習の意味でご確認いただければ...と思います。

皆さん、ブレーキフルードの選び方ってどうしてますか?
未だに「DOT5は長期間使えないレース用…」とか、色々な話に惑わされてしまって、なんとなく、首を傾げながら選んでしまってないですか?
多くのお客様からブレーキフルードの選び方についてご質問がありましたので、この機会に解説したいと思います。

上の表(※)は、FMVSS(米国)規格と、JIS K2233規格「非鉱油系ブレーキ液」に基づくデータの一部に、JCDプロダクツHPに掲載されている性状表のデータを合わせたものです。
※クリックすると別ウインドで大きくなります。

一見、「なんのこっちゃ?」という数値ですが、これをつぶさに見ていくと、ブレーキフルードの選び方が分かってくるのです。
まず、それぞれの項目を説明しましょう。

●ドライ沸点---ブレーキフルードが新品の状態で、沸騰する温度ということが出来ます。
●ウエット沸点---ブレーキフルードを半年以上使用(想定)し、水分を3.0〜3.2%含んだ場合の沸点です。
   もちろん、各々沸点が高い方が、ベーパーロックを起こしにくいと言えます。
●動粘度---マイナス40℃、100℃での液体の硬さを表しています。
   数字が大きいほど硬いことを示しています。

これらの項目をよくご確認いただくと、それぞれの用途が読み取れてくると思います。

タイムトライアルやレース用に限定して使用している車両であれば、ドライ沸点と、100℃での動粘度が高いものを選びたいので、その二つの数値が最も高い「Type-S」となります。
ただし、-40℃の動粘度をご覧いただくと分かりますが、低温では硬すぎてFMVSSの規格値から外れてしまっていることに注意してください。超寒冷地で行う競技や、一般走行での使用は避けた方が無難です。「Type-S」は、それ程にスポーツ性を重視しているブレーキフルードだという事をご理解ください。

これに対し、低温を含めて四季を通じて一般的に使いやすいのが「DOT5」です。
ドライ沸点こそ少々「DOT4」に及びませんが、水分を含んでしまっても沸点が高く、同時に低温や高温でも柔らかいことが見てとれます。
特に最近当たり前となってきているABS装着車では、低温時にフルードの動きが硬いと作動にリスクが伴う可能性も高いので、こんなことからも一般走行には「DOT5」が一番向いており、「DOT5はオールマイティ・フルード」と言うことができます。

で、ここで「DOT4の使い道は??」という疑問が素直に浮かんでくると思います。
「DOT4」は、まさに「Type-S」と、「DOT5」の中間的な使い方と言っていいでしょう。つまり、ナンバー付車両で、週末などにサーキットを走ったりする使い方には、ドライ沸点と100℃での動粘度が高い「DOT4」がベストな選択となるのです。
お客さんの声では、ノーマル車に近い状態でサーキット走行をしていて、「DOT5」だとABSのフィーリングが"ぐんにゃり"しているので、"しっかり感"が欲しいという理由で、「DOT4」を使用しているという方もいらっしゃるほどです。
(ノーマルブレーキのワンメイクレース車両では、ABSの剛性感アップに「Type-S」が好評です)

ざっくりとご説明しましたが、ブレーキフルード選びの参考になりましたでしょうか?
「DOT5はすぐに水分を含んでしまうからレース用!」なんて、古い伝説に惑わされることなく、ご自身の用途に合ったフルード選択をしてください。

アッシュオイル:ASHオイルのWeb通信販売 >>
http://www.mars-plan.com/index.html

ASHアッシュオイルの適合について<国産車編1 レクサス車お問合せBest 3>

またまたご無沙汰しておりました。
適合について「お問合せBest 3」でご紹介しましたが、好評のようで、多くのお問い合わせをいただきました。
引き続き、適合についてのお問合せの多い車種、メーカー別にご紹介していきたいと思います。

実は、国産車でかなり多いお問合せがレクサス車についてなのです。
聞く話によれば、エンジン、駆動系とも油温が上がりやすいようで、飛ばすオーナーさんは、油温が上がった時にフィーリング悪化として感じ取られるみたいです。
特にATFの油温上昇は、シフトフィールに影響を与えているようです(自分で体験したことがありませんので、あくまで聞いている話です)。
基本的にレクサスディーラーさんでは、ATF交換作業はしておりませんが、中には不具合対策としてA.S.H.ATFに交換しているお店もあるようです。

当マルスマーケットでは、個人のお客様にATFの販売しておりません。
これは、個人購入されても交換作業を持ち込みで受け付けてくれるショップさんなどを探すのが難しいだろうということと、作業時に何リッターのATFを使用するのかを判断するのが難しいためですので、ご了承ください。
ATF交換を検討されている方は、まずディーラーさんに確認後、NGでしたら、最寄りのショップさんにご相談してみてください。
もし心当たりがない場合は、メールにお住まいの地域をご記入の上、お問合せください。お近くの取扱ショップをご紹介できるかもしれません。

さて、前回までと同様、各車とも下の様な用途別に分けております。

・一般走行:
一般道・高速道路120km未満の通常(笑)走行

・スポ−ツ走行:
一般道でもワインディングを楽しんだり、高速道路120km以上で走行

・サーキット走行:
サーキット走行・競技など長時間に及ぶハードな走行

★印はATF

■レクサス編

Best.譽サス IS 4GR-FSE(純正:5W-30)

●一般走行
・FS 5W-30
・VSE 5W-30
・VFS 5W-30
・VFS 10W-30
★FS ATF or VFS ATF

●スポ−ツ走行
・FSE 5W-30
・FSE 5W-40
・FS 5W-30
・FS 5W-40
・VSE 5W-30
・VSE 5W-40
★FS ATF


Best▲譽サス IS-F 2UR-GSE(純正:5W-30)

●一般走行
・FSE 5W-30
・FS 5W-30
・VSE 5W-30
・VFS 5W-30
★FS ATF or VFS ATF

●スポ−ツ走行
・FSE 5W-30
・FSE 5W-40
・FS 5W-30
・FS 5W-40
・VSE 5W-30
・VSE 5W-40
★FS ATF

●サーキット走行
・FSE 5W-40
・FSE 10W-40
★FS ATF


Bestレクサス LSハイブリッド 2UR-FSE(純正:0W-20)

●一般走行
・FSE 5W-30
・FS 5W-30
・VSE 5W-30
・VFS 5W-30
★FS ATF or VFS ATF

●スポ−ツ走行
・FSE 5W-30
・FSE 5W-40
・FS 5W-30
・FS 5W-40
・VSE 5W-30
・VSE 5W-40
★FS ATF

※今回、現実的な面から△IS-F以外の「サーキット走行」の項目はありません。

その他の車種への適合に関してはお問合せください。
お問合せは下記内のお問合せフォームよりお願いします。

アッシュオイル:ASHオイルのWeb通信販売 >>
http://www.mars-plan.com/index.html

ASHアッシュオイルの適合について<ドイツ車編3 フォルクスワーゲンお問合せBest 3>

引き続き今回はフォルクスワーゲン編です。前回同様に各車とも使用用途別に分けております。

・一般走行:
一般道・高速道路120km/h未満の通常(笑)走行

・スポ−ツ走行:
一般道でもワインディングを楽しんだり、高速道路120km/h以上で走行

・サーキット走行:
サーキット走行・競技など長時間に及ぶハードな走行

Best.乾襯姚 2.0Lターボ(BWA)

●一般走行
・FS 10W-40(100%PAO+エステル化学合成オイル)
・VSE 10W-40(100%VHVI+エステル化学合成オイル)
・PSE 10W-40(部分エステル化学合成オイル)
・VFS 10W-40(100%VHVI化学合成オイル)

●スポ−ツ走行
・FSE 10W-40(100%エステル化学合成オイル)
・FS 10W-40(100%PAO+エステル化学合成オイル)
・VSE 10W-40(100%VHVI+エステル化学合成オイル)
・PSE 10W-40(部分エステル化学合成オイル)

●サーキット走行
・FSE 10W-50(100%エステル化学合成オイル)
・FSE 10W-40(100%エステル化学合成オイル)

※純正指定オイルが10W-40のヴァリアント、ジェッタ、パサートも同様の適合


Best▲肇ゥ▲譽 4.2L(BAR,AXQ)・トゥアレグ 3.2L(AZZ)

●一般走行
・FS 10W-40(100%PAO+エステル化学合成オイル)
・VSE 10W-40(100%VHVI+エステル化学合成オイル)
・PSE 10W-40(部分エステル化学合成オイル)
・VFS 10W-40(100%VHVI化学合成オイル)

●スポ−ツ走行
・FSE 10W-40(100%エステル化学合成オイル)
・FS 10W-40(100%PAO+エステル化学合成オイル)
・VSE 10W-40(100%VHVI+エステル化学合成オイル)
・PSE 10W-40(部分エステル化学合成オイル)

●サーキット走行
・FSE 10W-50(100%エステル化学合成オイル)
・FSE 10W-40(100%エステル化学合成オイル)

※純正指定オイルが5W-40のW12 6.0Lも同様の適合


Bestゴルフ 3.2L(BUB)

●一般走行
・VSE 10W-50(100%VHVI+エステル化学合成オイル)
・PSE 15W-50(部分エステル化学合成オイル)

●スポ−ツ走行
・FSE 10W-50(100%エステル化学合成オイル)
・FSE 15W-50(100%エステル化学合成オイル)
・FS 10W-50(100%PAO+エステル化学合成オイル)
・FS 15W-50(100%PAO+エステル化学合成オイル)

●サーキット走行
・FSE 15W-50(100%PAO+エステル化学合成オイル)

その他の車種への適合に関してはお問合せください。
お問合せは下記内のお問合せフォームよりお願いします。

アッシュオイル:ASHオイルのWeb通信販売 >>
http://www.mars-plan.com/index.html

★ご注意★
このBest3掲載以来、多数のお問合せをいただいております。
そんな中で関連性や原因はわかりませんが、yahooメールや、hotmailなど、フリーメールアドレスの方への回答が届かない事例が数件発生しています。
ご質問への回答がこちらの力不足で不明な時でも、その旨の返信はさせて頂いておりますので、「質問したのに2〜3日経っても反応がない」という方は、サーバのご契約内容・管理状況などをご確認くださいますようお願い申し上げます。